「ほっ」と。キャンペーン

大きなお月見。あたくださいませかねあ


f0235174_22230511.jpeg
>emoticon-0119-puke.gif

車で走ってたら、
大きな大きな、お月さまが目の前にあったよ。
emoticon-0119-puke.gifemoticon-0119-puke.gifemoticon-0119-puke.gifemoticon-0119-puke.gifemoticon-0119-puke.gifemoticon-0119-puke.gifemoticon-0120-doh.gifemoticon-0119-puke.gifemoticon-0119-puke.gifemoticon-0103-cool.gifemoticon-0119-puke.gifemoticon-0119-puke.gifemoticon-0119-puke.gifemoticon-0119-puke.gifemoticon-0119-puke.gifemoticon-0119-puke.gifスーパームーン。
帰って夜屋上からみたら、遠ざかってしまったけど、
くまじいもお月見。

大きな月はとても神秘的だった。
久しぶりにみてたら、ひきこまれて、
なんだか少し 心がしっとりした。

自分にはなんも神秘的ならことはおこらなくて
ただ現実にぽつん。といる。

emoticon-0119-puke.gifemoticon-0103-cool.gifういや小さな頃は十五夜に、
お父さんと近くのススキ畑からもらってきて、
縁側にかざって、
お母さんの白玉ダンゴとか食べたなあ。
くまじいも、いたよね。
子供がいないと、色々ようせえへんね。
さみしい。

今年は近々、お月見、しましょ。
しばし、しんみりと、お月見。



というか、1年半ぶり⁉︎ブログ再開。


[PR]
# by kumatta30 | 2015-09-28 22:22 | くまじぃ

心の片隅に残るひと。 〜 横道世之介〜

f0235174_16572192.jpg


1980年代を舞台に、
長崎から上京してきたお人よしの主人公の青年と周囲の人々のエピソードが
描かれる爽やかな秀作映画「横道世之介」。
2013年のマイベスト映画だ。
こちら、映画もいいが原作からしてもう、すばらしい。


この作品を見たとき、読んだとき、
小学生のときの、鮮明に記憶に残るワンシーンを思い出した。

じぶんは運動も音楽も学校の催しものにはほとんど参加するような
中途半端に「そつのない」人で、
つまりは、あんま面白い人間じゃなかったって思う。

友達と遊ぶのが好きで、男子のことはそんなに気にも留めてなかった。
だからあんまり、誰がいたとか、覚えてない。
最悪なことに、女子でさえあんまり覚えていない。という希薄ぶりだ。これはひどい。

それなのに、強烈に覚えてる顔がある。
田舎にはめずらしく、中学受験をしてる秀才であり、
もじゃもじゃ頭で分厚いメガネをかけ、その奥から大きな瞳がさらに大きくのぞいてる、
そんな Aくんだ。
頭がよすぎるからか、ふとした瞬間に「どっから湧いてきたの?」という
突拍子もない返答がかえってきたり、
笑いのツボからずれて、がはがはと笑う。

なんだか、きもちよーく笑う。はつらつと声高々に話する。
ほんまはおまえ、頭わるいんとちゃう?なんて言われちゃう。
ときどき、分厚いメガネを取られて、いじられる。けど、ガハガハ笑ってる。
これはもう、天性のものだ。そんな彼が人間として「いいわあ」と
子供ながらにおもってた。

卒業してまもないころ。
とある道を歩いてると、向こうから叫び声がきこえてきた。
「●●さ〜〜ん!!!」
Aくんが、ちぎれそうなほど手をぶんぶんふって、私の名前を呼んでた。
目が、声が異様におっきいから、Aくんだってわかった。
こっちも彼の勢いにつられてぶんぶん手をふりまわし
「Aく〜〜ん!!」と叫んだ。
「まだ東京にはいかないの〜〜!!?」
「いってくるよ〜〜! ●さんもがんばって〜〜!!」

やっぱりかみあってないけど、心暖かくなった瞬間だ。


*****************************

横道世之介をみると、そんなほっこりした気持ちを思い出す。
横道のことを主人公の元彼女、祥子(良高ちゃん)が思い出したとき、
「なんか普通の人」というように、これという素晴らしさはないのに
人間を惹きつける魅力がにじみでている。思い出すとつい、笑顔になってしまう。

そんな人間は普通そうで、まったく普通じゃなくて貴重だ。
心に残るシーンをつくるのはこんな人なんだとおもう。

f0235174_17291541.jpg
こちら、吉田修一原作、映画監督は「南極料理人」「キツツキと雨」の沖田修一さん。
主演のふたり、高良健吾くんと吉高由里子さんは原作のイメージをうまく再現していたとおもう。

沖田さんは最近で一押しの監督。
この映画は彼が初めて原作小説(南極料理人はエッセイ)ありきで撮影した映画である。
もし、この映画を観て、気に入ったら、ぜひ彼の独特の笑いとゆるいテンポにのった映画たちを堪能してほしいな。


Fin.
[PR]
# by kumatta30 | 2014-02-25 17:31 | Movie&Books | Comments(19)

素朴でかわいいクッキーの店。

長谷をふらりとしてて
ちょっとプレゼントを買いたくて目に入ったのが
ビスケット」とそのまんまの名前の店だった。
看板はちょっとセンスないんだけど、
こじんまりとしてて、中はまあかわいらしく、
さらに並んだクッキーたちがヨットとか、亀やら、普通に紅茶クッキー(でも花形なんだよね)とか
ひー、かわええ。という塩梅なのだ。

で、そんなんが詰まったボックスをひとつ買って、
自分用にはこんなん買った。
f0235174_15555094.jpg

スマイル と サーフボード。

ここのクッキーは卵や牛乳を使わず、全粒粉入りで、バターじゃなくて菜種油を使ってる。
だから香ばしくて自然な甘みがひろがる。
スマイルはシンプルな味わい。さくさく。
なんだか懐かしい味がする。
サーブボードはレモングラスも使い、フランボワーズのジャムかな、がトッピング。

クッキーはちょっと前まで好きじゃなかったのに
なぜか最近、好きだ。このサクッとした感じ。
とくに好きな感じ。素朴ですっと体にとおるかんじ。

f0235174_15591978.jpg

うまいねえ。
くまじぃは午後のロードショーをみながら、
おやつタイム。
あ、このテレビ。
キッチンにでかいテレビがあって(他の部屋から移動してきたんだ)、
いやだったんで最近買いました。
[パナソニックDIGA+10]
充電式で邪魔にならないし、本体のテレビで録画した番組もみれるし、
濡れてもオッケー! お風呂でも使えるのだー。
でも我が家、電波がわるく、、、お風呂ではあんまり使えなそうだ。しゅん。
[PR]
# by kumatta30 | 2014-02-25 16:05 | 鎌倉・湘南


もふ犬とくまじぃの日々、モノコト。


by くまじぃ

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

くまぺつ劇場
もふ犬・ぺつお
くまじぃ
インテリア
しゃしんの絵本
日々
Movie&Books
フエルト小物
鎌倉・湘南

そとめしご飯
犬の手作りごはん

お気に入りブログ

今日マチ子のセンネン画報
サモエド クローカのお気楽日記
チイサイ木
きよじいの楽園日記
petit clos プ...
ありがとう 人生!~me...
花と光と
φ - fai -
MONO STYLE +
*花音の調べ*
世話要らずの庭
陶芸つれづれ 器と暮らし
ご飯を食べてにっこり、そ...
オハリコ・デイズ
すいすいおよげ ÷ もふもふ。
マトリョーシカ
アリョーシャとプーシャと。
風光日々新
ズーズにっき
かぼすちゃんとおさんぽ。
晴れ 時々 雷 Ⅱ
もの言う猫
ダツリョクニッキ
tannune
FReeTraveLer
Night Flight...
まいにちのこと
toneriko +
カザルパロッコのネコ
ことまど

ファン

Friendブログ☆

ブログパーツ

最新のコメント

きゃあ~(#^.^#)元..
by koto-mado at 18:45
とーこさんへ とー..
by kumatta30 at 00:26
yurikoちゃん ..
by kumatta30 at 07:45
くまじぃ~~ 元気かし..
by yuriko_chan at 21:01
ワトかぁちゃん星 ..
by kumatta30 at 13:38
kys-gさん★ ..
by kumatta30 at 22:42

検索

記事ランキング

ブログジャンル

動物・ペット
映画

画像一覧