カテゴリ:Movie&Books( 13 )

心の片隅に残るひと。 〜 横道世之介〜

f0235174_16572192.jpg


1980年代を舞台に、
長崎から上京してきたお人よしの主人公の青年と周囲の人々のエピソードが
描かれる爽やかな秀作映画「横道世之介」。
2013年のマイベスト映画だ。
こちら、映画もいいが原作からしてもう、すばらしい。


この作品を見たとき、読んだとき、
小学生のときの、鮮明に記憶に残るワンシーンを思い出した。

じぶんは運動も音楽も学校の催しものにはほとんど参加するような
中途半端に「そつのない」人で、
つまりは、あんま面白い人間じゃなかったって思う。

友達と遊ぶのが好きで、男子のことはそんなに気にも留めてなかった。
だからあんまり、誰がいたとか、覚えてない。
最悪なことに、女子でさえあんまり覚えていない。という希薄ぶりだ。これはひどい。

それなのに、強烈に覚えてる顔がある。
田舎にはめずらしく、中学受験をしてる秀才であり、
もじゃもじゃ頭で分厚いメガネをかけ、その奥から大きな瞳がさらに大きくのぞいてる、
そんな Aくんだ。
頭がよすぎるからか、ふとした瞬間に「どっから湧いてきたの?」という
突拍子もない返答がかえってきたり、
笑いのツボからずれて、がはがはと笑う。

なんだか、きもちよーく笑う。はつらつと声高々に話する。
ほんまはおまえ、頭わるいんとちゃう?なんて言われちゃう。
ときどき、分厚いメガネを取られて、いじられる。けど、ガハガハ笑ってる。
これはもう、天性のものだ。そんな彼が人間として「いいわあ」と
子供ながらにおもってた。

卒業してまもないころ。
とある道を歩いてると、向こうから叫び声がきこえてきた。
「●●さ〜〜ん!!!」
Aくんが、ちぎれそうなほど手をぶんぶんふって、私の名前を呼んでた。
目が、声が異様におっきいから、Aくんだってわかった。
こっちも彼の勢いにつられてぶんぶん手をふりまわし
「Aく〜〜ん!!」と叫んだ。
「まだ東京にはいかないの〜〜!!?」
「いってくるよ〜〜! ●さんもがんばって〜〜!!」

やっぱりかみあってないけど、心暖かくなった瞬間だ。


*****************************

横道世之介をみると、そんなほっこりした気持ちを思い出す。
横道のことを主人公の元彼女、祥子(良高ちゃん)が思い出したとき、
「なんか普通の人」というように、これという素晴らしさはないのに
人間を惹きつける魅力がにじみでている。思い出すとつい、笑顔になってしまう。

そんな人間は普通そうで、まったく普通じゃなくて貴重だ。
心に残るシーンをつくるのはこんな人なんだとおもう。

f0235174_17291541.jpg
こちら、吉田修一原作、映画監督は「南極料理人」「キツツキと雨」の沖田修一さん。
主演のふたり、高良健吾くんと吉高由里子さんは原作のイメージをうまく再現していたとおもう。

沖田さんは最近で一押しの監督。
この映画は彼が初めて原作小説(南極料理人はエッセイ)ありきで撮影した映画である。
もし、この映画を観て、気に入ったら、ぜひ彼の独特の笑いとゆるいテンポにのった映画たちを堪能してほしいな。


Fin.
[PR]
by kumatta30 | 2014-02-25 17:31 | Movie&Books

くまじぃとカメラ。

f0235174_239151.jpg

最近、くまじぃはキッチンでもそもそ
何かをしてるんだよ。
ぼくが観ると口笛とか吹いて知らぬふり。
でもね知ってるんだ、
くまじぃ、最近Myカメラで遊んでるってさ。
ぼくもこっそり撮られてるけど
知らないふり、しといてあげるんだ。

f0235174_23104148.jpg

このカメラ、オリンパスPen。
まみさんのほんとの兄ちゃんから譲り受けたのだ。
くまじぃは「ふーん」とか興味ない顔してたけど
我が物顔で使ってる。
じぃになると素直じゃなくなるもんだね。

f0235174_23121471.jpg

ふぅ、あれ? 見られてた?
カメラってのは重たいの〜。
そしてシャッターボタンが小さくて苦戦中じゃ。
キッチンは雑然といろんなものが置いてあって
撮影するものに事欠かさないのはよいの(あ、これ独り言ね)


f0235174_23132055.jpg

楽しみが増えたくまじぃは、
生き甲斐ができたようで楽しそうだ。



**kumatta'na おすすめ映画***

先日「レ・ミゼラブル」観たが、なかなかのミュージカル映画じゃった。
アンハサウェイの歌が、ヒュー・ジャックマンの演技が心に響いた。
わしはどうもあのジャンバルジャンに弱い。
小さい頃にアニメで観たせいか、頭から離れない「パン一つで一生追われた人生」の話。

と前置きが長くなったが
くまじぃだけに、おすすめはこれ!


映画「テッド」
f0235174_00148.jpg

とうとう出ちゃったよ〜。くまおじさんの話があ〜。
命が宿ったテディベア・テッドと、
大人になりきれない男・ジョンとの友情コメディ。

いっとくけど、わしの方が先駆けだからね、テッドよ。
でも予告だけであれだけ笑わせられると
悔しいやら泣き笑いやら・・・。
こりゃあ、もう観に行かねば!
[PR]
by kumatta30 | 2013-01-18 00:02 | Movie&Books

くまじぃ、地球三兄弟になりたい。

f0235174_923729.jpg

これ知ってるかの!?

奥田民生、YO-KING、桜井秀俊という日本を代表する愉快な仲間たちが
「なにか楽しいことをやりましょう」という
オトナのわりにはうっかりした動機で
結成した新人バンド「地球三兄弟」。

うっかり楽しく作っただけあって、
楽しんだわ曲も。
民生ファンとしてはかなりの好物じゃぞ。

f0235174_9443551.jpg

ふんふんふんふん♩

ぺつおには聞こえない〜♩
わしだけのみゅーじっく〜♩
おいらも地球を守りたい〜♩
ゆるくおもろく生きたい〜♩
地球四兄弟はどうじゃろかぁ〜♩


f0235174_9453854.jpg

f0235174_9455122.jpg

ノリノリだよ、くまじぃ・・・
完全にひとりで浸ってる。

でもー、まみさんは今月ツアーに行っちゃうけどね。生だけどね。ふふw

f0235174_9465396.jpg

なぬっ! ぢくしょーーーー

やさぐれてやるっ。

すぱ〜 すぱ〜 すぱ〜              げほっ



****kumatta na 音楽情報****

バーベアマン(初回生産限定盤)

地球三兄弟 / KRE


これ、サイコー!
ゆるくてくすっと笑えて心地よし。
[PR]
by kumatta30 | 2013-01-08 09:53 | Movie&Books

長新太のこと、鎌倉の新スポットのこと。

f0235174_9102453.jpg

陽だまりの中で、くまじぃは読書。
知識を詰め込んでるのかと思ったら、
呼んでるのはくすりと笑える長新太の「怪人通信」
笑いとともに、ハッピーターンが
止まりません〜。
じぃなので、近くを見るときは眼鏡をはずします・・・

f0235174_9122344.jpg

長新太の漫画、イラスト、エッセイが詰まった
魅力全開の名作だよ。

長新太、やっぱり大好き。あのゆるい線で描かれた絵がとくにねえ☆
絵本作家として神様と言われて知ってる人も多いだろうけど
もともとは漫画家。彼の哲学(といったら堅いけど)が
存分に発揮されててオモシロイぞ。

f0235174_9153990.jpg

くまじぃも、童心にかえって大よろこび。

ところでそのハッピーターンは食べるのか・・・?

長新太怪人通信 (1981年)

長 新太 / 大和書房




ところで先日、仕事がてら鎌倉に新しくできた「GARDEN HOUSE」にいったよ。
f0235174_9184232.jpg

緑に覆われた広大な敷地に建つレストラン&雑貨&ガーデンショップだ。

ガーデンハウスはこちら☆
[PR]
by kumatta30 | 2012-11-13 09:26 | Movie&Books

ソファの上でうたた寝族&「ボーンレガシー」

今回は二匹のうたた寝族の様子を見てみよう☆
f0235174_123824.jpg

最近のぺつお&くまじぃのお気に入り場所は、
ソファの袖の上。

2匹とも結構大きいんだけど、
猫かい!というくらい細いところに寝そべって
窓際の光を浴びたり、風に吹かれたりしてます^^*


f0235174_12392291.jpg

そして、ぺつおくん。くまじぃを枕状態に。
「あご乗せに ぴったりだくまじぃ」

f0235174_12395954.jpg

いつか猫になる夢でも見てるのかな。


☆kumatta'na movie★
「ボーンレガシー」
f0235174_12412770.jpg
昨日はボーンレガシーを観に行ったよ。
その前は「天地明察」。
ほんとは内田監督最新作「鍵泥棒のメソッド」がおすすめなんだけどね。

ボーンシリーズの番外編の最新作。
このシリーズ、なんか好き。

最近は寡黙なヒーローというか、
男が活躍する映画が結構多いよね。
「ボーン」シリーズにはじまり、
ダニエル・クレイグになってからの「007」もかなりカッコいいし
先日カンヌで監督賞を受賞した「ドライブ」は映像もすごくかっちょよかったけど
主人公の多くを語らない、ニヒルで悲しみをたたえた笑顔なんて
女子の♡をわしづかみ。

今回主人公役をやったジェレミー・レナーは最近
人気映画にでまくりの期待のハリウッド俳優だ。
「S.W.A.T.」「ハート・ロッカー」「アベンジャーズ」
新しい形のアクション俳優的立ち位置でなんか目が離せないぜ。
かわいいお目目にマッチョな体。今回も存分にボーンのカッコ良さを演じてた。

でもね、映画の最後の落とし方がちょっとね、今ひとつ。
あれ? 急に終わった!? 的な・・・。
でも全般にボーンらしい楽しさに満ちてたよ!


ぺつお&くまじぃとうたた寝ポチッ☆
にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアシュナウザーへ
[PR]
by kumatta30 | 2012-10-09 12:50 | Movie&Books

本のこと:志村志保子のまんが

今日は、くまじぃのオススメ本を紹介しよう。


f0235174_96462.jpg

 最近買った漫画が、志村志保子の「ミシンとナイフ」。
 「ぶ〜け」に1995年頃から掲載された作品の短編集だな。 
 表紙がいい案配だったので手に取ったら、
 これがなかなか深くておもしろい。小説的世界がひろがっておる。

 単なる少女漫画じゃないんだな。
 人間のグロいところとか欲望とか、弱いところも描きつつ
 じんわりと胸がやさしく 熱くなる 
 そんなやさしさが つまってるんじゃ。

f0235174_910923.jpg


 いやあ、1編1編大事に 読んでしまうから
 なかなか先に進まない。でも寝る前のひとときに ぴったりだの。

 これにはまって、買った「女の子の食卓」も
 食をタイトル、題材にしつつ、それを取り巻く心模様が描かれて
 同じような雰囲気でおもしろいぞ。

f0235174_9121988.jpg


  まみさん「あ、もう眠くなってるし・・・」


f0235174_9125821.jpg


  さすが、くまじぃさん。ものの5分で爆睡。
  いったい、いつ読み終わるやら。


ミシンとナイフ 短編集 (集英社文庫 し 53-1)

志村 志保子 / 集英社




 PS ひさしぶりの「しゃしんの絵本」を更新です。
   今回は、おじさんと兄貴が登場だ!
   こんなおじさん、男の人、どうですか?
   よかったら2作品を見てね♩ *コチラをクリック→


くまぺつを応援★にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアシュナウザーへ


動物・ペット
[PR]
by kumatta30 | 2012-09-28 09:18 | Movie&Books

ウッディアレンに誘われて、パリを旅する。

f0235174_10392432.jpg

          ドゥビドゥビドゥ ドゥビドゥビドゥ 
              イン パリ〜♫ 
              なくまじぃです。
          パリに恋いこがれる くまじぃは
        アンニュイな古き良き時代のパリに舞い込んで
             カフェで戯れています。   

f0235174_1041734.jpg

             イタリアンチックだけど
        ホーレン草とチョリソーのゴルゴンゾーラパスタ
            を作って食べたぞい。
        口に含むとそこはもう、パリの街角のカフェのような気分♫




*kumatta na 映画情報*
ウッディ・アレン監督最新作
アカデミー賞 最優秀脚本賞受賞
「ミッドナイトインパリ」
f0235174_104259100.jpg

観てきました。
ひさしぶりのウッディのヒット作。
ウッディらしさを好む人には、
待ってました! と拳をたたく名作だよ。

パリを舞台に撮り上げた幻想的なラブコメディー。
1920年代のパリを敬愛する脚本家の主人公が
タイムスリップし、自分が心酔してやまない偉人たちと巡り合う
奇跡の日々をつづる。

のっけから、パリの風景をパシパシと切り取った映像が
コールポーターの楽曲とともに流れ、
一気にパリへと誘われます。

ヘミングウェイ、フィッツジェラルド、ピカソ、ダリ、
そこで出会うスゴイ人たちに彼は影響され、
本当に求めているものを探り当てていくんです。
そう、なんといってもウッディらしいウィット&知識に富んだ
会話、幻想的な美しいパリの映像が観てるだけで楽しい。
思わず何かを想像したくなる、そんな映画ですよ☆
オススメ♫
[PR]
by kumatta30 | 2012-06-14 10:52 | Movie&Books

漫画の国星におりたったよ

          くまじぃが本を運んで なにやら始めるようです。

f0235174_9191848.jpg

f0235174_9193167.jpg

f0235174_9194060.jpg

          どうやらこれから漫画を読むふける二匹。
          手にするのは大島弓子に 萩尾望都、
          山下和美の柳沢教授・・・。


f0235174_9195357.jpg

          ぺつおは 男のこだから
          漫画といえばどんちゃん騒ぎやヤンキーもの、SF
          なんかが好き。
          でもくまじぃに少女漫画を読むように薦められました。

          「大島先生も萩尾先生を読めば 人間やら乙女という生き物が
           よ〜くわかるぞ」



f0235174_9203100.jpg

f0235174_9201343.jpg


          クマじぃも ぺつおも
          ものの5分で 
          深い眠りの国星にいっちゃった・・・ 
          
          
ポチッとして
漫画の国星にいこう!
にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアシュナウザーへ  
     



*kumatta na 漫画*
f0235174_9202854.jpg

萩尾望都、大島弓子先生は
いずれも「花の24年組」といわれ、
漫画の新しい時代を築いた二人。
未だ名作として名高くファンも多い。

萩尾望都先生は今年、紫綬勲章を受賞。
作品ではポーの一族が人気。男性受けもいいSFなども多数。
その人間の善悪を赤裸々に描き出す凄さは
小説にも勝ります。

大島弓子さんは特に好きな漫画家。
一押しは子猫(を擬人化)の目を通した人間模様を描いた「綿の国星」。
乙女漫画の先駆けですな〜。
誰にも描けない空想の世界に漂いつつ
人を愛してやまない視点は読んでいてチクリとしつつも心地よい。
詩のような台詞もすてきです♫

その他、山下和美さんの作品(柳沢教授)もオススメ。

どれも人間を愛してやまないからこそ、
残酷さ、情けなさ、惨めさ、滑稽さを描きつつ
人の素晴らしさを発見させられるのです♫
[PR]
by kumatta30 | 2012-06-09 09:46 | Movie&Books

本でおもうこと、うちゅうのこと。

f0235174_9334888.jpg


おいらは結構幸せなんだ。
家に引き取られてきたときから、
あらゆる「ぬいぐるみ」のNo1に躍り出て、
いつでも添い寝、今でもご主人の近くにいて
適度に遊んで、適度に放置されてる。
自由だ、ね。お茶すすってね、本もたくさん読んじゃうのさ。

だから「異常心理」はなかなか生まれない。
でも侮れないのが、人間の心だなー。おれ、くまだけど。

今読んでる「あなたの中の異常心理」。
あまたの著名な作家や心理学者、セレブにいたるまで
いろんな人の異常心理について分析してる。

社会から外れちゃう、たがが外れちゃう。
そんな瞬間はだれにでも待ってるかもしれない。

ちょっとした嫉妬、寂しさ、ねたみ、いけない妄想。
誰でも持つ感情だけど、そこから一歩ずつ、暗闇に引きずられる瞬間って
わからないものだね。

クマッタ、
じぃさんになっても、おれ、ちょっと進化してる。

知識を生む本
妄想にふける本
異世界に飛ぶ本
かなしくなったり、たのしくなったり、笑ったり、「へえ〜」なんて感心したり。

ちょっとテレビを消して、ベッドの上で、ちょっと物思いにふけって
いろんなことを考える時間もあったらいいね。

クマッタ、まじだおれ。


*****本情報*********
1.「あなたの中の異常心理」 岡田尊司
2.「プラテーロとわたし」 J・R.ヒメネス *詩人が書いた美しい物語集。ノーベル文学賞受賞。
3.「魚は海の中で眠れるが鳥は空の中では眠れない」 保坂和志
4.「ピース・オブ・ケーキとトゥワイス・トールド・テールズ」 金井美恵子
       *物語とドレスと映画と記憶と夢に祝福された言葉の宇宙を体験できる小説
5.「遠い町から来た話」 ショーン・タン   
       *あり得る世界とあり得ない世界の狭間の物語を美しいイラストと綴った絵本。
6.「フラミンゴの村」  澤西祐典
7.「東のエデン」    杉浦日向子 
       *文明開化、西洋文化が入り込んできた日本をユーモラスに描いた漫画。
[PR]
by kumatta30 | 2012-03-09 09:33 | Movie&Books

アップルパイの午後。

f0235174_0313184.jpg


アップルパイを作る。
100gのバターと強力粉、小麦粉に冷水を混ぜて
捏ねて、寝かして捏ねて捏ねて捏ねて。終わり。
何層にもなったパイ生地には甘い煮詰めたシナモン風味のアップル。

ほんのりと甘いアップルパイを一人ほおばると、
尾崎翠の「アップルパイの午後」が思いだされる。
兄と妹の笑いを含んだやりとり。
恋の駆け引きをしのばせて、
妹の書いた甘い恋文を兄の友人が読む。
急にお腹がすいて、アップルパイをほおばる妹。
そして口辺をぬぐうと友人が言うのだ。
「何て惜しいことをするのです。甘いほど好いのだ」

私のアップルパイは自前だけど、
少しのお酒とシナモンと隠れた恋心を浮き上がらせるだけの
効力はあったみたい。

そうだ、甘いほど、好いのだ。

*後ろのフエルト動物はひつじさん。
 丸くして焦げ茶色に仕立てました☆

レシピ☆
[PR]
by kumatta30 | 2010-11-12 00:44 | Movie&Books


もふ犬とくまじぃの日々、モノコト。


by くまじぃ

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

くまぺつ劇場
もふ犬・ぺつお
くまじぃ
インテリア
しゃしんの絵本
日々
Movie&Books
フエルト小物
鎌倉・湘南

そとめしご飯
犬の手作りごはん

お気に入りブログ

今日マチ子のセンネン画報
サモエド クローカのお気楽日記
チイサイ木
きよじいの楽園日記
petit clos プ...
ありがとう 人生!~me...
花と光と
φ - fai -
MONO STYLE +
*花音の調べ*
世話要らずの庭
陶芸つれづれ 器と暮らし
ご飯を食べてにっこり、そ...
オハリコ・デイズ
すいすいおよげ ÷ もふもふ。
マトリョーシカ
アリョーシャとプーシャと。
風光日々新
ズーズにっき
かぼすちゃんとおさんぽ。
晴れ 時々 雷 Ⅱ
もの言う猫
ダツリョクニッキ
tannune
FReeTraveLer
Night Flight...
まいにちのこと
toneriko +
カザルパロッコのネコ
ことまど

ファン

Friendブログ☆

ブログパーツ

検索

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

動物・ペット
映画

画像一覧